YKK AP

よくあるお問い合せ(FAQ)[一般のお客様向け]

YKK AP商品に関するよくあるお問い合せです。

建築・設計関係者様向けはこちら

サイト内検索はこちら

検索結果詳細

件名 ドア・引戸表面の白亜化現象(チョーキング)とはなんですか?
回答

玄関ドア・引戸などの扉の表面材はカラー鋼板(表面に樹脂塗装を塗布し、意匠性を高めた鋼板)を使用しているものがあり、
ご使用いただいている間に紫外線、風、熱、雨など様々な環境要因によって少しずつ色や艶があせて、
建物の外観に即した落ち着いた風合いになっていきます。
更に長い期間が経過すると樹脂塗装の塗膜が劣化して白っぽいチョークの粉をふいたような状態になることがありますが
これは白亜化現象(チョーキング)と呼ばれている、カラー鋼板の特性による経年劣化です。
ドア・引戸に限らず塗装された製品には避けられない現象です。


【進行を遅らせるポイント】
表面に付着した汚れを早めにお手入れすることで、経年劣化の進行を遅らせることが可能。

カテゴリ

よくあるお問い合せ(FAQ)目的別困った現象・状況の対処方法ドア(玄関・勝手口)

参考になりましたか? 参考になった 参考にならなかった

お客様サポートページのTOPへ戻る

商品についてもっと詳しく