よくあるお問い合せ(FAQ)
[一般のお客様向け]

YKK AP商品に関するよくあるお問い合せです。

キーワード検索

検索結果詳細

件名
◇ サッシ・ドアの水密性能について教えて下さい。
回答

水密性能とは、屋内への雨水浸入をどの程度防げるかを示す性能です。

JIS等級の目安
一般的に戸建ての場合に必要な性能はJIS等級では目安としてW-2、W-3等級が必要となってきます。

 ◇ W-2 等級とは・・・
窓面1m2あたりに毎分4リットルの水を窓全面、均等に噴霧しながら約150Paの圧力を加えても窓からの雨水の浸入がないという性能です。これを気象状況にしますと、1時間あたり240mmの降雨時に、風速16m/s程度の風が吹いても窓からの雨水の浸入がないということになります。

 ◇ W-3等級とは・・・
窓面1m2あたりに毎分4リットルの水を窓全面、均等に噴霧しながら約250Paの圧力を加えても窓からの雨水の浸入がないという性能です。これを気象状況にしますと、1時間あたり240mmの降雨時に、風速20m/s程度の風が吹いても窓からの雨水の浸入がないということになります。

解説
・気象庁からの天気概況で風速が性能表示以下であったとしても、住宅の立地条件(近隣住宅の配列や高さ、道路の状況、立ち木や塀の位置など)により局所的に発表数値を超えていることがあります。
・等級は過去の気象データを見ると、一般的に風が強いと雨が少なく雨が多いと風が弱い、という傾向が見られるため(風、雨の同時性の頻度が少ない)水密性は、耐風圧性の風圧より低く設定されています。
・雨水浸入の判断は窓枠を越えて屋内に雨水が入ることとされています。強風雨時にサッシ下枠内に水がたまることもありますが、これは一般的な住宅用窓構造上、水密性能を保持するために必要なことであり、不具合ではありません。

カテゴリ
よくあるお問い合せ(FAQ) > 目的別 > 用語解説 > 窓・シャッター
よくあるお問い合せ(FAQ) > 目的別 > 用語解説 > ドア・引戸
よくあるお問い合せ(FAQ) > 商品別 > 窓・シャッター > 共通
よくあるお問い合せ(FAQ) > 商品別 > 玄関ドア・引戸 > 共通
関連FAQ
参考になりましたか?