よくあるお問い合せ(FAQ)
[一般のお客様向け]

YKK AP商品に関するよくあるお問い合せです。

キーワード検索

検索結果詳細

件名
◇ 網入ガラスの割れ「錆(サビ)割れ」現象について教えて下さい。
回答

 網入ガラスの錆(サビ)割れ現象について

 

ガラスの内部に金網が入っているガラスを「網入板ガラス」といいます。
この網入板ガラスは、一般の板ガラスと比較して、ガラスが割れたときの脱落(飛散)防止性に優れています。
このため、主に防火地域の窓や天窓に多く使用されています。
ところが、物がぶつかったりしないのに、あるいはいつの間にか、ガラスにひびが入っている場合があります。

これは、網入板ガラスが、金網が入っているからといって必ずしも強いというわけではなく、
むしろ、そのために温度や雨水などの影響を受けやすい性質となっているからです。
網入板ガラスは、通常、金網に錆が発生しないよう、ガラス切断面に防錆処理を施していますが、
経年劣化により防錆効果が衰えた場合やガラスの周囲にある合成樹脂製パッキングが経年劣化で硬くなったりひび割れたりして、
パッキングの内部に雨水が浸入しやすくなった場合などが重なって、金網の切断面に錆が発生することがあります。

その錆がガラス内部に進行すると、金網が錆で膨らんでガラスにひびが発生します。
この現象を「錆割れ」と呼んでいます。
また、金属線の入ったガラスを「線入板ガラス」といいますが、
網入板ガラスと同様の理由で錆割れが発生することがあります。

錆割れは、網入板ガラスの特性として不可抗力的に発生します。
ガラスにひび割れが発生したら、すみやかにガラスの交換をお買い求めの工務店様か販売店様にご依頼下さい。

 

(日本サッシ協会HP  『商品の豆知識』別ウィンドウより一部引用)

カテゴリ
よくあるお問い合せ(FAQ) > 目的別 > 困った現象・状況の対処方法 > 窓・シャッター
よくあるお問い合せ(FAQ) > 目的別 > 用語解説 > 窓・シャッター
よくあるお問い合せ(FAQ) > 商品別 > 窓・シャッター > ガラス
参考になりましたか?