YKK AP

よくあるお問い合せ(FAQ)[一般のお客様向け]

※スペースで区切って複数検索が可能です。
例) 窓 玄関

Q

クレセントとはどういうものですか?教えて下さい。

A

A

クレセントとは、引違い窓や片引き窓、及び上げ下げ窓用の締り金物で、
一方の障子についているレバーを回転させ、掛け金を他方の受けに掛ける形式のものです。


引違い窓のクレセント 上げ下げ窓のクレセント
引違い窓のクレセント上げ下げ窓のクレセント

Q

複層ガラスの重量の算出方法を教えてください。

A

A

複層ガラスの場合は、2枚のガラス厚みを合計して、下記計算式で算出します。なお、ガラスの比重は、約2.5とします。


複層ガラスの重量(kg)=ガラス面積(㎡)×ガラス厚さ(mm)×2.5(ガラスの比重)

  例) 求める複層ガラスのサイズが、巾0.75m、高さ1.2m、厚さ6mm(3+A+3)の場合

      計算・・・0.75×1.2×6×2.5=13.5(kg)

Q

戸建住宅用サッシが取付くまでの流れはどのようになっていますか

A

A

木造住宅用サッシは、YKK APから出荷販売された後、

サッシ販売店様やガラス店様などの組立て業者様の手を経て組立て完了品となり、

建築現場に運ばれた組立て完了品は、工務店様や大工さんなどの建築業者様によって

建物に取付けられます。

(日本サッシ協会HP  『商品の豆知識別ウィンドウ』より引用)

Q

日射熱取得率(=日射侵入率 )とは?

A

A

日射熱取得率(η値)=日射侵入率 ※η(イータ)と読みます。


ガラス窓に入射した日射熱が、室内側へ流入する割合を「日射熱取得率」と呼び、日射熱取得率が大きいものほど日射熱を室内に取り入れるので、暖房を重視する地域・部屋に適しています。
逆に、日射熱取得率が小さいものほど日射熱を遮蔽するので、冷房を重視する地域・部屋に適しています。

Q

ガラスの「熱割れ」現象について教えてください。

A

A

ガラスは熱によって膨張する性質をもっているため、直射日光を受ける部分と窓枠などの中に隠れている部分とで、
温度の差による熱膨張差が生じます。
この熱膨張差がガラスの持っている強度を超えた場合、ガラスがひびが入ったり、割れたりします。
この現象を「熱割れ」といいます。


特に網入りは熱割れが生じやすくなります。金網が封入されたガラスは切断した際に切り口にキズが生じやすく、
また、均一な切断面になりにくいので、一般的な板ガラスに比べてガラス周辺部の強度がおよそ半分しかないためです。


ガラスに割れが生じた場合は、すみやかにガラスの交換を工務店様、販売店様にご依頼ください。


【予防のポイント】
ガラス面にカーテンやブラインドを密着させない。
暖房、冷房の温風、冷風を直接ガラスに当てない。
ガラス面にポスター等の紙や、熱反射フィルムを貼ったり、ペンキを塗ったりしない。
室内に熱だまりをつくらない。

Q

「コールドドラフト」とはどのような現象ですか?教えてください。

A

A

「コールドドラフト」とは

       
お部屋を暖房しているのに、足元がスースーして寒いという経験はないでしょうか?
窓辺で冷やされた空気の固まりが、暖房によって下降気流となり部屋を駆け抜ける現象、これが“コールドドラフト”と呼ばれる現象です。       
       
空気は暖めると軽くなり、上へ上へと逃げていきますが、冷気はその反対で下に降りてきます。人は普通、下にいますから冷房では都合がいいのですが、暖房ではいろいろと不都合なことが起こります。       
       
石油ファンヒーターなど移動できる場合、窓側に置く方がその効果は上がります。窓と反対側に置いた場合、吹き出した温風は上へ上昇し、外気に面している窓から冷たい空気が(隙間風を含む)部屋の下の方に降りてきます。       
こうして部屋は上が暖かく、下は冷たい空気の循環となるのです。




詳しくはこちらをご覧ください。

Q

質量則について教えてください。

A

A

均一な材料で出来ている壁体の音響透過損失は、その壁体の単位面積当りの質量とほぼ比例します。
すなわち、単位面積当りの質量が大きいほど、遮音性は良くなります。
同じ性質のガラスなら厚さの厚い方が有利です。


(一社)日本サッシ協会 発行「BASIS」より引用

Q

コインシデンス効果について教えてください。

A

A

薄くて剛性のある板に音波が斜めに入射した場合に、
これによって生じる板の曲げ振動の伝播速さと音波の波長とが共鳴して音波を急に透過し易くなります。
このことをコインシデンス効果といいガラスの遮音で特に目立つ特徴です。
一般的にガラスの場合コインシデンス効果が起きる周波数の計算式は、近似的に次のようになります。

コンシデンス


(一社)日本サッシ協会 発行「BASIS」より引用

カテゴリ一覧に戻る

※スペースで区切って複数検索が可能です。
例) 窓 玄関