YKK AP

よくあるお問い合せ(FAQ)[一般のお客様向け]

※スペースで区切って複数検索が可能です。
例) 窓 玄関

Q

複層ガラスにおける中間空気層による共鳴透過について教えてください。

A

A

複層ガラスなど、二重構造のものを使用すると、ある周波数帯において極端に遮音性が落ちる箇所が出てきます。
このことを中間空気層による共鳴透過といい、音響透過損失は同じ板厚の板ガラスより低下します。
また対象となる騒音に、この帯域の音が多く含まれているときは、その騒音に対する遮音性能は単板ガラスより悪くなるので、
断熱性能などの性能を得るために複層ガラスを使用する場合は、注意してください。

(一社)日本サッシ協会 発行「BASIS」より引用

Q

排煙設備について教えてください。

A

A

煙は火災が起きると必ず出ます。

しかも建物という狭く気密の保たれた空間により、近年の火災による事故の多くは煙の害、

つまり有毒ガスや視界を遮られることのパニック、また一酸化炭素中毒や酸素不足が主となっています。

そのために、人命の安全確保という点から、排煙設備(排煙口)の設置が義務付けられています。



詳しくは、こちらWEBカタログをご覧ください。

Q

非常用進入口について教えて下さい。

A

A

火災などの災害時に建築物外部から外壁の窓などの開口部を通じて公共消防などが救出・消火活動を行うため
建築物の高さ31m以下の部分にある3階以上の階には非常用進入口の設置を義務づけられています。
(建築基準法施行令第126条の6)



詳しくは、こちらWEBカタログをご覧ください。

Q

強風(強い風)とは、風速や吹き方など具体的に言うと、どのくらいの風ですか?

A

A

気象庁ホームページ『風の強さと吹き方別ウィンドウ』によると、 強風(強い風)は下記のように定義されております。



《風速》

15m/s以上20m/s未満の風


《吹き方》
・人への影響・・・風に向かって歩けなくなり、転倒する人も出る。高所での作業はきわめて危険
・屋外・樹木の様子・・・電線が鳴り始める。看板やトタン板が外れ始める
・走行中の車・・・高速運転中では、横風に流される感覚が大きくなる
・建造物・・・屋根瓦・屋根葺材がはがれるものがある。雨戸やシャッターが揺れる


【ご注意】
風速は、10分間の平均風速です。風の吹き方は絶えず強弱の変動があり、瞬間風速は平均風速の1.5倍から3倍以上になることがあります。
風速は地形や廻りの建物などに大きく影響されます。風速は、風速計が置かれている地点での観測値ですが、同じ市町村であっても周辺の地形や地物の影響で風速は異なります。
風速が同じであっても、対象となる建物、構造物の状態や風の吹き方によって被害が異なる場合があります。

Q

YKK APの『AP』にはどんな意味があるのですか?

A

A

YKK APの“AP”とは、「建築用工業製品」という意味である
Architectural Products(アーキテクチュラルプロダクツ)の頭文字をとったものです。


是非こちら別ウィンドウもご覧ください。


ちなみに、「YKK」という名前は、実は長い間正式な社名ではなかったということをご存じでしょうか?
昭和9年(1934年)、YKKはファスナーの加工・販売の「サンエス商会」として創業しました。しかし戦災で工場が焼けてしまい、
故郷富山県に戻った創業者の吉田忠雄が、社名を「吉田工業株式会社」と変えました。
その英文社名の「Yoshida Kogyo Kabushikigaisha」の頭文字をそれぞれとって、
自社のファスナーの商標名としたのが「YKK」の呼び名のはじまりです。
ファスナーのロゴマークに使用された商標は多くの人の目に触れ、「YKK」という呼び名が定着するようになりました。
そうしてこの商標は、平成6年(1994年)になって社名変更して採り入れられたのです。

Q

引違いサッシの各部の名称を教えてください。

A

A

引違い窓

 ●基本的なお掃除 ・・・・・・ こちら別ウィンドウをご覧ください


 

 【すきま風が気になるときは】

 ●戸車の調整方法 ・・・・・・ こちら別ウィンドウをご覧ください



 【施錠する際にクレセントがかかりにくい】

 ●クレセントの調整方法 ・・・・・・ こちら別ウィンドウをご覧ください

Q

ドア・引戸表面の白亜化現象(チョーキング)とはなんですか?

A

A

玄関ドア・引戸などの扉の表面材はカラー鋼板(表面に樹脂塗装を塗布し、意匠性を高めた鋼板)を使用しているものがあり、
ご使用いただいている間に紫外線、風、熱、雨など様々な環境要因によって少しずつ色や艶があせて、
建物の外観に即した落ち着いた風合いになっていきます。
更に長い期間が経過すると樹脂塗装の塗膜が劣化して白っぽいチョークの粉をふいたような状態になることがありますが
これは白亜化現象(チョーキング)と呼ばれている、カラー鋼板の特性による経年劣化です。
ドア・引戸に限らず塗装された製品には避けられない現象です。


【進行を遅らせるポイント】
表面に付着した汚れを早めにお手入れすることで、経年劣化の進行を遅らせることが可能。

Q

ガラスのUVカット効果について教えてください。

A

A

紫外線カット率は、一般複層ガラス約43% に対し、Low-E遮熱タイプは約76%です。
防災安全複層ガラスは99%以上カットします。
詳しくはこちらをご覧ください。
カテゴリ一覧に戻る

※スペースで区切って複数検索が可能です。
例) 窓 玄関