YKK AP

よくあるお問い合せ(FAQ)[一般のお客様向け]

窓・シャッター(13件)

Q

窓を閉じ、施錠した状態で下枠部分から水しぶきが入ってきます。

A

A

考えられる原因として以下のものがあります。

【戸車の高さが合っていない】

  戸車は窓の左右の下枠内部にある車輪上の部品です。

  戸車調整の方法 ・・・・・・ こちらをご覧ください


【クレセントの位置が合っていない】クレセント本体とクレセント受の位置が合っていなかったり、取付ねじがゆるんでいる場合は調整してください。

 ●クレセント調整の方法 ・・・・・・ こちらをご覧ください


【その他の原因】気密材が経年劣化により、ねじれたり、縮んだり、ひび割れたり、ちぎれたりしている。

 ●お取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼するか、当社お客様相談室へお問い合せください。

なお、下枠に水がたまること自体は不具合ではありません。
 引違いの多くが水頭方式という下枠に水をためてその重さを利用することで雨水の浸入を防いだり、排水したりする構造となっています。
 そのため商品の性能を超えるような暴風雨が起こらない限り、溜まっている雨水があふれ出たりしない構造になっています。
 暴風雨等で一時的にあふれた水については、枠からあふれたもののみ布で拭き取りしてください。
Q

窓を閉めて施錠した状態ですが、窓の下枠に細かな砂が侵入し堆積しています。

A

A

窓の気密性を高めるため、枠や障子にパッキンなどの気密部品を付け、窓を閉じた状態で砂が入りにくい構造になっています。

しかし、完全に密閉した構造ではないため、風が強い日や換気扇を使用したときなどに、室内と室外に気圧差が生じて枠・障子と気密材接触部分から空気と一緒に砂が室内に入ってくることがあります。

特に関東ローム層がある地域では、粒子の細かい砂が風により巻き上げられ、室内に侵入しやすい傾向があります。

砂の侵入は商品の特性上やむを得ない現象ですが、以下の方法で軽減される場合もありますので、

必要に応じてお試しください。(引違い窓の場合)

 【戸車の高さ調整】戸車は窓の左右の下枠内部にある車輪上の部品です。

 ●戸車調整の方法 ・・・・・・ こちらをご覧ください

 【クレセントの位置調整】クレセント本体とクレセント受の位置が合っていなかったり、取付ねじがゆるんでいる場合は調整してください。

 ●クレセント調整の方法 ・・・・・・ こちらをご覧ください

 【気密材メンテナンス・砂埃対応部品の取付】気密材が経年劣化により、ねじれたり、縮んだりしている、ネジ穴キャップのはずれている箇所がある、経年変化により鴨居が下がり、柱に傾きが生じ、上枠が下がったり、枠全体が傾いている・・・

 ●お取扱いの建築会社様、工務店様または販売店様に修理を依頼するか、当社メンテナンスセンターへ修理依頼をしてください。

Q

電動シャッターが途中で引っかかり、閉まりにくい場合があります。対処方法を教えてください。

A

A

ガイドレールに汚れがたまっていると、シャッターが閉まりにくくなる場合があります。

清掃方法については、こちら別ウィンドウをご覧ください。

Q

シャッターの手動錠の解除方法を教えてください。

A

A

ツマミを左右に操作することにより施解錠可能です。

※ロックした状態でシャッターを開かないでください。

Q

X-BLIND(エクスブラインド)を停電時など非常時に手動で開けられますか。

A

A

非常開放機構があるX-BLINDであれば開閉が可能です。

※サイズや仕様選定により非常開放装置のないシャッターもございます。

室内側からみて右側にある引手を下に引くと、1回の操作(約80cm引き上げ)でルーバーが約15cmあがります。4~5回操作を繰り返してください。
リモコン操作による開閉で自動的に復帰します。

参照URL

カテゴリ一覧に戻る

※スペースで区切って複数検索が可能です。
例) 窓 玄関